攻略

センタリングは状況を見極めて使い分けよう

投稿日:

サイドからゴール前へボールを上げるセンタリングは、形を作るまでなら極端に難しいプレイではありません。重要なのは得点につなげるために精度を上げることが必要です。

センタリングから得点への成功パターン

センタリングの成功率を上げるためには、工夫が必要です。相手ディフェンダーからのプレッシャーが少ない状態で上げること、ゴール前の状況を確認し最適のセンタリング方法を選ぶことの2つです。

これらを丁寧に実行すれば、ゴールにつながる確率がアップします。

状況に応じてセンタリングを使い分けよう

 

ファーサイドセンタリング

ファーサイドセンタリングは高い弾道のボールでファーサイドへ上げられます。

このセンタリングだとボールが空中にある時間が長くなるため、攻撃側と守備側の両者共落下地点へ入りやすくなり、相手より先にボールに触れようとするポジション争いが激化しやすくなります。

しかし、長身で高さに自信のあるFWがいるなら積極的に使うべきです。

ポジション取りで多少遅れをとっても、その上からヘディングを叩き込むこともできます。

↑タップ↑

pt貯めてギフトカードが貰える!最低500円から換金可能♪

リセマラ不要の黒球GET術

 

ニアサイドセンタリング

ファーサイドへのセンタリングに比べると弾道はやや低く、パスコースも短くなるので、センタリングの弾道を見てから落下地点に入ろうとすると間に合わないことが多いです。

センタリングを上げると同時に、FWは前に詰めていきシュートを合わせる直前でポジションを微調整するといいです。

もっともニアサイドに敵味方の選手が密集していては決まりにくいので、速攻時など選手がバラけた状態でFWを飛び込ませましょう。

 

グラウンダーセンタリング

PS版だと、○ボタンを3回押すか、ゴールライン方向へ方向キーを入れながら×ボタンを押すと、グラウンダーのセンタリングを入れることができます。

グラウンダーだけに密集している状態では通りにくいので、ニアサイドへのセンタリング同様、速攻時など相手の守備が戻りきれていないときに使いたい。

ただし、ボールスピードはセンタリングの中でもっとも早く、相手選手の戻りを意識しすぎると、味方の選手の上がりが間に合わないこともありえます。

サイドの選手が十分に抜け出した状態から、詰めてくるFWのタイミングに合わせるようにしよう。







-攻略

Copyright© ウイニングイレブン2018(スマホアプリ)攻略まとめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.